アンティーク家具の選び方

アンティーク家具はどれをどのように選べばいいのでしょうか

アンティーク家具はデスクが人気

アンティーク家具はデスクが人気 今アンティーク家具の人気がとても高くて何かしらを生活に取り入れたいと考えている人は多くいますが、多くの種類がありどれをどのように選べばいいのか悩ましい思いをしている人もいます。
部屋に合ったものを選ぼうとするのですが、それにしても装飾・形・材質・色や価格など本当にアンティーク家具は選び方1つでも難しいと感じる場合があるのです。
そのような時にアンティーク家具の中でデスクが人気となっています。
その大きさもどの部屋に置いても圧迫感がなく、その落ち着いて形や色合いは置き場所を選ぶことはないのです。
100年以上も前に木を用いて手作りされたデスクは日本の家屋のどの場所でもしっくりと馴染み、特別にアンティーク家具だからといってお部屋の模様替えを考えたりインテリアをそれ用に合わせる必要もなく自然と溶け込むようになります。
そして使い勝手の良さもあり、家族の誰もが気軽に机として使ったりあるいは大切な物を置いたり飾ったりとすることができるからです。

アンティーク家具の選び方のポイントは脚を見る

アンティーク家具の選び方のポイントは脚を見る アンティーク家具というのは年代も様々であり、種類も豊富にあります。
お店の方がメンテナンスをしてアレンジを加え、新たに生まれ変わった家具も少なくありません。
そのような多種多様なアンティーク家具の選び方のポイントとなるのが、家具の脚を見ることです。
年代によってこの部分が大きく異なってくることから、よくチェックすることがとても重要なのです。
猫の脚に似た形をしているのがカブリオールレッグです。
動物の足に似せて作られているため、このように呼ばれており、家具の個性を出すのに一役も二役も買っていると言えます。
この部分の美しさにより家具の価値が変わってくると言われるほど重要な要素であると言われているのです。
鳥の足の形をしたものが玉を掴んでいるデザインがありますが、ヨーロッパではこの形は知恵や財産といった意味合いのあるデザインとなっており、希少価値が高いと言われています。
アンティークの面白さはこういったところに隠れています。

Copyright © 2018 アンティーク家具の選び方 all rights reserved.